海のハンター展1
※画像:公式HPより

2mの ホホジロザメ
※写真、全長3.2mの「ホホジロザメ」の成魚の全身液浸標本:日経イベンツガイド

■海のハンター展 〜恵み豊かな地球の未来〜について

<開催期間> 2016年7月8日(金)〜2016年10月2日(日)
<場所>    国立科学博物館(東京・上野公園)
<内容>   日本初公開 「ホホジロザメ」の全身液浸標本など 

 ホホジロザメやクロマグロ、シャチなど「海のハンター」と呼ばれる生物は、多様な生態系の中で獲物を上手に捕らえることができるように適応し、食物連鎖の頂点に立っています。本展はこれら「海のハンター」と我々人類の営みとを「捕食」を通して関連付け、豊かな恵みをもたらす海の未来を考える科学展覧会です。  
 日本初公開となる全長3.2mの「ホホジロザメ」の成魚の全身液浸標本(=写真)をはじめ、現生の大型魚類や海生哺乳類、また首長竜など絶滅した海生動物の標本展示を大規模に行います。海のハンターの生態をとらえた映像も見ものです。
※日経イベンツガイドより

※参考:
国立科学博物館HP
・国立科学博物館のアクセス・利用案内はこちらです。
国立科学博物館facebook
・所在地:〒110-8718東京都台東区上野公園 7-20
【お問い合わせ】 ハローダイヤル:03-5777-8600

追記:
公式HPのトップ画像変更しておりました。(2016年3月13日3:21時点)⇓
海のハンター展 新ポスター
※画像:公式HPより


※関連記事:ホホジロザメと愉快な仲間たち!? サメの標本が一堂に 海のハンター展2016年7月8日~10月2日 サイトリニューアルでシャチも登場
※関連記事:新メンバー続々加入でごった返すw 海のハンター展の最新ポスターと公式HP表紙の変遷
※関連記事:
2016年1月 沖縄美ら海水族館 ホホジロザメ 記事まとめ
※関連記事:ホホジロザメの標本作業 沖縄県本部町で2016年3月16日開始された 国立科学博物館 7月展示
※関連記事:
ホホジロザメの標本 展示準備作業の開始 海のハンター展
※関連記事:サメの獲物をとらえる電気感覚 海のハンター展のホホジロザメ