ティリクム2
※写真、
(上)「E」プールで泳いでいる最近のティリクム
(下)ゲート前でじっとしているティリクム
:Heather Murphy、Ocean Advocate Newsより

 海洋哺乳類の保護団体が発行しているニュース誌、Ocean Advocate Newsより

 2016年5月16日、我々がティリクムを観察し始めてから、約2ヶ月が経ちますが、引き続き順調な闘病生活を送っています。
 
 今日、ティリクムは、医療用プール横の「E」プールで泳いでいるのを観察できました。彼が医療用プールから、こちらのプールに移動してきたことは歓迎すべきことです。

 ティリクムは、病気でないときでも、あまり泳がず水面でじっとしていることが多いです。

 これは以前、彼がショーの前に、ゲートで待機していた頃の姿を彷彿とさせます。

 私は、ドリーのようにクジラと話せませんが、このことは、彼がみんなと一緒にいたいと望んでいるのかも知れません。

 彼は、ここ数ヶ月も他のシャチと共に表舞台に出ていないのです。

 私は、有名なトレーナーHolly氏に、彼がどうしているか尋ねたところ、ティリクムは、今日は調子良く過ごしていますが、決して危機を乗り越えてはいない状態で、調子の良い日やそうでない日が続いているということです。

 我々は、引き続き見守り続けていきます。
 
(2016年5月16日のoceanadvocatenews 記事翻訳)
※関連記事:シャチのティリクム 気力と食欲が改善の方向へ シーワールドがHPで2016年3月19日に発表 
※関連記事:ティリクムのその後の容体について シーワールド発表 2016年4月18日