南極 シャチ1

※2016/06/22 に公開、Lindblad Expeditions-National Geographicより、(英語のみ)

 この映像にはシャチがペンギンを狩る実際の様子が含まれますので閲覧にはご注意願います。

 この2016年6月22日公開された動画は、南極大陸、南極半島北東端とジョインビル諸島との間にある南極海峡で撮影した、ペンギンを餌としているシャチの映像です。

 シャチ研究チームとナショナルジオグラフィックのチームが、海洋哺乳類の追跡調査と皮膚サンプル採取のため探査船に同船しました。

 シャチ研究チームによると、シャチの背ビレ横に衛星発信器をつけ、それぞれ約3~4ヶ月の行動や生態を研究しいるそうです。
 
 シャチは極めて知能が高い肉食海洋動物で、基本的に生きるために狩りをします。

 この南極大陸の海域では、シャチはペンギンを追いかけ狩りをしています。時には、遊んだり、一旦捕まえてわざと放し、また追いかけてみたりもします。これは、まるで家ネコがネズミを追いかけるような状況に酷似しています。
 
 このように、シャチはお腹が空いていない時でも、食べないですが、狩りをすることもあります。

(映像より通訳)

南極海峡1
※南極大陸、南極海峡(Antarctic Sound)
の場所
 
※関連記事:22万年前以降に多様化したシャチ、世界の海に生息 国際研究チーム発表
※関連記事:【遺伝】シャチのゲノムと生態学的特性と社会進化 Nature Communications
※関連記事:知床沖 シャチに発信器取り付け生態調査 2016年6月28日から調査開始 北海道
※関連記事:北海道東部で、少なくとも308頭のシャチが生息