ドチザメ いけす
※ドチザメ親子:下記フェイスブックより

 山口県、山陽小野田市、新生2丁目の活きイカ・活魚料理、若新小野田店のいけすで飼育されているドチザメが2匹の子供を産んだ。観賞用に運び込まれてから、わずか数日後の〝慶事〟に従業員たちはびっくり。来店者に親しんでもらおうと、同店では2匹の名前を募集している。 
 
 ドチザメは先週、長門市の仙崎沖で水揚げされた体長1mの2匹を、若新の江田方志副社長が譲り受けた。このとき既に1匹のおなかが大きかったが「まさか赤ちゃんがいたとは」と驚いている。

 幼魚は体長25cm。いけすの中で親ザメやヒラメ、サバ、イサキとともに泳ぎ回っている。

 江田副社長は「お客さんも大喜びで、このまま元気に成長してほしい」と目を細める。名前は2016年7月15日まで、店内と同店のフェイスブックで受け付けている。
※山口市の生活情報サイト、宇部日報社より

■⇓お店のいけすの様子、下記フェイスブックより

※参考:活いか・活魚料理 若新facebook

※関連記事:なぜ?メスだけのドチザメの水槽で赤ちゃん誕生 魚津水族館 富山