ヒラシュモクザメ
※2016/07/29 に公開、ANNニュースより
 
 サメの驚くべき生態が明らかになりました。
 
 これはヒラシュモクザメの背ビレに取り付けたカメラの映像です。

 左右に頭を揺らしながら、海底に対し傾いて泳いでいます。ヒラシュモクザメは、5~10分の間隔で左右に60度程傾いて泳ぐことがわかりました。

発見した国立極地研究所の渡辺佑基准教授によると、

・左右に傾いて泳ぐという変な泳ぎ方をしていた
・傾いて泳ぐ魚は聞いたことがない
・傾けることで長い背ビレの効果で、効率よく揚力が発生し、これにより、泳ぐエネルギーを節約している

ということです。 

■ヒラシュモクザメについて
 シュモクザメ科に属するサメの一種。シュモクザメ科としては最大で、6.1 mに達することがある。 全世界の熱帯沿岸に生息する。(wikipedia