バハ・カリフォルニア3

2016/07/08 に公開、Cabo Trekより
 この動画は、オス1頭とメス7頭で形成されたシャチの群れが狩りをする映像です。


 メキシコ、バハ・カリフォルニア半島の南半分に位置する、バハ・カリフォルニア・スル州沖にて、イトマキエイの仲間(ムンクイトマキエイやヒメイトマキエイ)の大群を追い込むシャチの映像です。

 空飛ぶエイの群れのドキュメンタリーの一部で、シャチの群れが、エイの大群を狩る大自然の壮大な光景を映し出しています。

 毎年、ホエールウォッチングシーズンが終わると同時に海水温が上がり、イトマキエイ(Mobula Rays)が大発生します。

 それと同時に、シャチが現れ、エイの大群を小分けに分断し狩りをします。この狩りは2時間続き、シャチは満腹になると去っていきます。

 このようなことは滅多にないことですが、ここバハ・カリフォルニア半島スル州南端西のカボ・サンルーカス(Cabo San Lucas)では、もしかしたら見れるかもしれません。

 カボ・サンルーカスでは、ホエールウォッチングは毎年4月15日~12月15日に行われています。
 
(説明文翻訳)

バハ・カリフォルニア1
※メキシコ、バハ・カリフォルニア半島の南半分に位置する、バハ・カリフォルニア・スル州(Baja California Sur)の場所。

ちなみに、北半分は、バハ・カリフォルニア州 (Baja California)

※関連記事:【シャチ番組情報】オーシャンズ史上最高の激レア映像 世界の果てまでイッテQ! 日テレ系 ※近日公開のため放送日未定
※関連記事:[閲覧注意] クジラの親子に襲いかかるシャチの群れ ホエール・ウォッチング中にまたも・・・ アメリカ モントレー湾
※関連記事:奇妙な白いサメが捕獲される メキシコ 2016年3月29日