インドネシア ジンベエザメ
※写真:dailymailより


※2016/08/24 に公開、AATWより

 2016年8月24日、インドネシア東部アンボン(Ambon)にて、ロシア人のダイバーは、インドネシアの漁師からジンベエザメの子どもを買い上げ、海に帰しました。

 インドネシアの漁師は浅瀬に捕獲したジンベエザメを置き、ジンベエザメの背中に乗って撮影したりしています。

 ロシア人ダイバーは、近くの船から降り、地元の漁師にジンベエザメを殺さないように頼みます。彼は交渉し約7,530円(100万ルピア=75ドル)支払うことで同意します。

 世界最大の魚であるジンベエザメは、インドネシアの法律で保護されています。しかし、切り身やヒレや油は需要があり、密漁者によって危険にさらされています。

 国際自然保護連合(IUCN)が作成した絶滅のおそれのある野生生物のリストによると、過去75年の間で、世界のジンベイザメの個体数が50%以上減少しているとのことです。

(映像の説明文翻訳) 
※参考:2016年8月25日のdailymail

※関連記事:ジンベエザメ密漁摘発 中国輸出用に飼育か インドネシア マルク州