サメ・シャチ好き集まれ情報局

ご訪問いただきまして誠にありがとうございます。 このサイトは、サメとシャチについての日本や海外のニュース・映像などを掲載しております。サメやシャチのダイナミックな泳ぎをお楽しみ下さい。

千葉のサメ

ジョーズショックで千葉、茨城の海水浴客が激減 代わりにプールは盛況だったが 2015年10月6日

鉾田市沖で確認されたサメ(茨城県警提供)
※鉾田市沖で確認されたサメ(茨城県警提供)

この夏のサメ目撃情報で、海水浴の本場・千葉県や茨城県の海岸の人出が激減、千葉県では、サメのいないプールが集客数を増やすという結果が出た。映画のようなサメの恐怖で、夏場の観光資源が奪われた形で、関係自治体は防護策などを検討し、来夏の対策をとる考えだ。

 千葉県がまとめた夏の観光シーズンの県内主要施設集客状況(7月1日~8月31日)によると、8月上旬以降、沿岸部でサメの目撃情報が相次いだことなどから、海水浴場(64カ所)の集客数が前年同期比5・9%(9万4千人)減の150万2千人と落ち込んだ。観光・レクリエーション施設(39施設)は同3・3%(5万7千人)減の165万人だった。地域別の海水浴客数は、夷隅地域(10カ所)が同3・0%(1万4千人)減の45万7千人、山武地域(12カ所)が同9・5%(4万1千人)減の39万6千人だった。サメの目撃情報のほか、台風の接近などが影響したとみられる。内房の安房地域(28カ所)は同11・4%(4万1千人)増の40万人。

 一方、県内のプール施設の集客数は同4・3%(4万7千人)増の113万6千人だった。宿泊施設(19施設)をみても、海水浴客が大きく減った九十九里地域で減少。逆に、北総地域は外国人観光客の増加に伴い、同9・9%(5千人)増の6万1千人と大きく伸びた。県観光企画課の担当者は「サメや天候不順が影響し、前年より減少した。だが、県内観光の状況は良くなっており、今後もプロモーションを積極的に実施していきたい」としている。

 同じく、首都圏に近く、海水浴で人気の茨城県。東日本大震災の東京電力福島第1原発事故による風評被害から回復傾向にあったが、8月5日に鉾田市沖でサメが目撃されたことをきっかけに、5市町9カ所の海水浴場で相次いで遊泳禁止の措置が取られ、大きな打撃を受けた。県内では7月18日から8月23日まで、8市町に18海水浴場を開設。県観光物産課によると、今夏に県内の海水浴場を訪れた人は約70万7千人で、前年比6・2%(4万7千人)減少した。平成22年に約175万人いた県内の海水浴客は、震災の年の23年に約28万人に激減。その後、24年は約65万人、25年は約84万人と回復したが、26年度は悪天候が影響し約75万人と前年を下回った。これに対し、今年は海開き後の天候に恵まれ、前半の海水浴客は順調に推移したが、鉾田市沿岸でサメ2匹が目撃され、事態は暗転した。

 サメの影響を受けた5市町9カ所の海水浴場は、前年を9・1%(6万2千人)下回った。中でも、県内で最も来客が多い大洗サンビーチは前年よりも26・4%(約9万4千人)少ない26万人にとどまった。サメの影響がなかった北茨城、高萩、日立の県北3市8カ所の海水浴場では利用客が前年を20・9%(約1万5千人)上回った。観光物産課は「海水浴客が遊泳禁止の場所から北上した」と分析する。例年、県外からたくさんの人が集まる大洗町の大洗サンビーチでは、「サメの目撃があったため、海に入らないでください」との放送が流され、遊泳禁止を知らずに訪れた海水浴客に動揺が広がった。一部の海水浴場では、サメよけの防護網を張り、海水浴を再開した。だが、鉾田市の大竹海岸鉾田海水浴場は、悪天候に阻まれて防護網の設置を断念した。最終日まで遊泳禁止を余儀なくされ、かき入れ時の海の家や土産物店の経営も直撃した。

 県観光物産課は「来夏は、サメが現れてもすぐに防護網を張るなどの対応を協議し、海水浴客の回復を図りたい」としている。

千葉 サメ目撃などで海水浴客減 夏の県内観光客入り込み状況 2015年9月28日

九十九里海岸
※画像は、2015.9.28の九十九里海岸の様子です。
◆現在九十九里海岸の現在の波の状況 ライブカメラ映像はこちらのページです。

 この夏はサメの目撃情報などが響いて海水浴客が減る一方で、プールが人気を集め、成田空港周辺では外国人観光客の訪日に伴い宿泊者数が増えたことが、県の観光客入り込み状況調査で分かった。
 県内の夏(七月一日~八月三十一日)の海水浴客は百五十万二千人で、昨年に比べ5・9%減少した。開設された海水浴場は、昨年に比べ二カ所少ない十八市町村の六十四カ所。そのため海水浴場の延べ開設日数も昨年より百三十七日少ない、二千二百六十九日となった。
 中でも、八月に入り一宮町や銚子市などでサメの目撃が相次ぎ、六市町の計十九カ所が一時遊泳禁止となったことも影響し、海水浴の客足が遠のいた。
 その反動などでプールに人気が集まり、昨年に比べて4・3%増の百十三万六千人が訪れた。最も利用客が多かったのは蓮沼ウォーターガーデン(山武市)で、20・4%増の二十一万九千人。今夏から導入された新たなウオータースライダーも人気を呼んだ。
 また主要な観光・レクリエーション施設や宿泊施設についても、毎年継続して調査を実施。十九カ所の宿泊施設では、3・1%増の四十八万三千人が宿泊した。特に成田空港周辺の北総地域は六万二千人と9・9%も伸びた。県観光企画課の担当者は「成田空港周辺を中心に、外国人観光客が多く来たことが影響した」と分析する。
 一方で三十九カ所の観光・レクリエーション施設は、3・3%減の百六十五万人にとどまった。同課は「夏前半の猛暑や、八月後半の台風による荒天などで、牧場や親水広場、動物公園などの屋外施設が敬遠された」とみている。 (村上一樹)
※東京新聞より 

夏の観光シーズン集客状況 サメ影響、海水浴客減 千葉 2015.9.25 

千葉 アオザメ
※写真は、2015年08月21日、千葉県鋸南町の沖合で、定置網に掛かった体長約2.5mのアオザメです。

 県は、夏の観光シーズン(7月1日~8月31日)の県内主要施設の集客状況をまとめた。海水浴場(64カ所)は8月上旬以降に沿岸部でサメの目撃情報が相次いだことなどから、集客数は前年同期比5・9%(9万4千人)減の150万2千人と落ち込んだ。観光・レクリエーション施設(39施設)は同3・3%(5万7千人)減の165万人だった。海水浴客数の地域別は、夷隅地域(10カ所)が同3・0%(1万4千人)減の45万7千人でトップ。次いで安房地域(28カ所)が同11・4%(4万1千人)増の40万人▽山武地域(12カ所)が同9・5%(4万1千人)減の39万6千人-と続いた。サメの目撃情報のほか、台風の接近などが影響したとみられる。

 一方、県内のプール施設の集客数は同4・3%(4万7千人)増の113万6千人だった。観光・レクリエーション施設は猛暑の影響で屋外施設の客足が伸び悩んだ。ベイエリア・東葛飾地域は昨年、世界最先端のプラネタリウム設備の導入で話題となった県立現代産業科学館(市川市)で集客が大きく伸びたが、今年はその反動で7・1%(4万4千人)減。九十九里や南房総地域でも前年を下回った。一方で、宿泊施設(19施設)は海水浴客が大きく減った九十九里地域を除いて上昇。特に北総地域は外国人観光客の増加に伴い、同9・9%(5千人)増の6万1千人と大きく伸びた。南房総地域も、県が実施した有料道路の無料開放の影響などで、同6・4%(9千人)増の15万3千人となった。県観光企画課の担当者は「サメや天候不順の影響で前年より減少したが、県内観光の状況は良くなっている。今後もプロモーションを積極的に実施していきたい」としている。

海水浴:サメ騒動で海の客減 プールの客は増加 千葉 毎日新聞 2015年09月24日

千葉 サメ2

千葉県観光企画課によると、今夏に開設された県内の海水浴場は前年に比べ2カ所少ない64カ所で、延べ開設日数も137日間減って2269日となった。8月下旬にはサメ騒動で6市町の計19カ所が一時遊泳禁止になるなどしたため、海水浴客の減少につながったという。この反動か、県内主要29カ所のプールは4.3%増の113万6000人が訪れた。千葉県観光企画課によると、今夏に開設された県内の海水浴場は前年に比べ2カ所少ない64カ所で、延べ開設日数も137日間減って2269日となった。8月下旬にはサメ騒動で6市町の計19カ所が一時遊泳禁止になるなどしたため、海水浴客の減少につながったという。この反動か、県内主要29カ所のプールは4.3%増の113万6000人が訪れた。

千葉県内海水浴客6%減 サメ騒動、遊泳禁止響く 2015年09月22日

千葉 サメ5
※画像は、2015年8月27日に、千葉の保田漁港の沖合定置網に掛かっていたサメです。

今夏の千葉県内海水浴客は150万2千人で、昨シーズンと比べ約6%減ったことが県のまとめで分かった。各地でサメの目撃情報が寄せられ、遊泳禁止措置が相次いだことが影響したとみられる。
※ちばとぴより
*☆*゚★*゚*☆*゚**゚*☆*゚*★*゚*☆

引越しました新サイトはこちら⇓
サメ・シャチ好き集まれ情報局

*☆*゚★*゚*☆*゚**゚*☆*゚*★*゚*☆

最新記事(画像付)
カテゴリ別
記事の検索
Googleで検索
スポンサーリンク
icon icon
動物戦隊ジュウオウジャー
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
「子供の未来応援国民運動」のホームページ=内閣府「こどものひんこん」をしえん せいふがたいさくせんようホームページかいせつ 2015年10月1日
※ホームページはこちらです⇓ 「子供の未来応援国民運動」のホームページ=内閣府提供
動物動画ブログランキング
人気ブログランキング
ご訪問者数
  • 累計:

PC アウトドア&スポーツ ナチュラム マカフィー・ストア ベルメゾンネット TV通販公式サイト ビートップス(B-tops)